錠剤

アトピーに悩まないためにも│食事を変えてストレスフリー

皮膚の炎症

女性

アトピーは良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある皮膚の炎症なのです。乾燥しやすい冬や、汗をかきやすい夏などは特に症状が悪化しやすいでしょう。バランスの良い食事やユーグレナによって改善することも可能です。

View Detail

皮膚を守ろう

女性

アトピーなどの場合は、肌を守ることを日頃から意識しましょう。紫外線対策なども行い、直射日光をできるだけ肌に浴びないように注意しましょう。肌にかゆみが出た場合には、爪でなるべくかかないように気をつけることも大切です。

View Detail

肌の水分量を保つには

錠剤

栄養が足りていなければ、乾燥肌になる可能性は高くなります。化粧品だけではなくサプリも利用して、乾燥肌を改善する人が増えています。サプリを飲むとともに、生活状態をよくすることも必要です。そうすれば、健康を守りつつ新しい肌が作られやすくなります。

View Detail

食物の場合の対応です

サプリ

母乳を介します

アトピーは赤ちゃんからかかるケースもあれば、大人になってかかるケースもあります。いずれのケースにせよ、アレルギー反応を引き起こしやすい物質を調べるアレルギー検査を行うと、それを除去することでアトピーが改善されることもあります。そのため、アトピーと疑われる場合はアレルギー科にかかるとアレルギー検査が受けられます。ただ、赤ちゃんの場合、アレルギー反応を引き起こす物質が卵などの食物であった場合、離乳食においてその物質を除去するだけでなく、授乳している母親もその食物を除去する必要があります。というのも、母乳を通じてその物質が赤ちゃんの体内に蓄積されるからです。したがって、アレルギー除去食は母親も行う必要があります。

徐々に慣らす方法もあり

食物によってアトピーが引き起こされている場合、それを除去することが大切となりますが、医師の指導のもと、その食物を慣らしていく訓練も行われることもあります。実は、食物は生より火を通したものの方がアレルギー反応が起こりにくいとされています。また、卵に関しては卵黄より卵白の方がアレルギー反応が起こりやすいとされています。というのも、卵白の方がタンパク質が多く含まれているからです。そのため、卵アレルギーの場合は卵黄から慣らしていく場合もあります。このように、アレルギー食を慣らしていく場合は以上のような工夫のもとで行われます。そうすることでアトピー症状も起こりにくくなります。ただし、あくまでも専門家の指導のもとでの慣らしがよいとされています。

Copyright© 2015 アトピーに悩まないためにも│食事を変えてストレスフリーAll Rights Reserved.